コールセンターの求人について

  • コールセンターの求人とは

    • 近年の情報化社会の中で安定した求人率を誇っているのが、コールセンターの求人です。
      コールセンターとは顧客との対応や、各種事業所等とのやり取りを一括して電話業務にて請け負うセンターのことをいいます。

      コールセンターで電話業務を対応する人のことをテレホンオペレーターと呼び、その業務は発信と受信に分かれます。



      発信業務はアウトバウンドといい、主に顧客への営業促進や入金督促などの架電業務が担当となります。
      一方受信業務はインバウンドといい、資料請求や各種注文受付・苦情の対応や故障受付などその業務内容は多岐にわたっています。


      このようなテレホンオペレーターの職種は、派遣会社経由で都内近郊で働く場合賃金が比較的高めの傾向にあります。
      特に大手の派遣会社に登録し、クライアントが上場企業の場合にはお給料も高額になることがあるようです。
      そのためこのような求人にはある程度のスキルを重視される傾向があります。

      電話で会話をしながらその対応内容を入力する必要があるため、パソコンの入力にはスピーディさが求められます。また問合せの内容を瞬時に理解して、顧客の望む回答を提示する必要があるので理解力の高さも必須です。


      またこのようなコールセンターには外人の顧客などに対応するケースもあります。



      電話の内容のみで会話を展開し、円滑に解決に導ける語学力が堪能な人材は賃金がさらに上乗せされることもあるといいます。
      このようなテレホンオペレーターの多くは、万全の研修制度があるのが一般的です。

      一定期間研修を受けて電話業務の基礎を積めば、大抵の人材がコールセンターでの就業が可能だといえます。



top